やる夫短編集&モララーのビデオ棚 総合TOP →
https://mukankei7696151.blog.fc2.com/


やる夫短編集&モララーのビデオ棚 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/


やる夫我執&モララーのビデオ棚 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/
Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング


真島文吉

坂上泉

荻原数馬

近本大

富士伸太

川田両悟

gulu toi8

ハイヌミ

間孝史

蝸牛くも

rainhills

潮谷験

須崎正太郎
やみ主のファンティア (やみ主)
やみ主

ナンギン

■2014/04/06(日) 虎之助と三人の奉公人

カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 歴史・民話・事件・逸話系(2014) やる夫短編作品 2014

過去記事の検索欄

ランダムジャンプ


短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所155                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所25                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その36              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド16                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

468 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:36:25 ID:Qml8QQWg [2/9]

ある時、加藤清正の下に

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

469 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:37:09 ID:Qml8QQWg [3/9]

奉公を望む、壮年、老人、若者の三人があった
     _____
   /.::::::::::::::::::::::::::.:ヽ   
    |.::::γ⌒ Y ⌒ヽ::::::|     
    |::::/ ⌒  ⌒  |:::|    
   |:::〉 (●) (●) 〈:::| 
   (@ ⌒(__人__)⌒ @)       
    |   |r┬-|   |        
    \  `ー'´  /        
,,.....イ.ヽヽ、___ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \
  |     |r┬-|       |
  \      `ー'´     /

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

470 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:38:04 ID:Qml8QQWg [4/9]

そこで清正は其々に、その志を述べさせた

                           _
                             } `丶
               「 \  __   -┴ ァ  \
                    ´         /    ヽ
                \        __ く/
                ∨ __     '⌒ Y      }
                  _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′    ちょっと質問してもいいかな?
                   / 八    、:::ノ  イ 丶.   /
             ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\     君たちは、どうして僕と雇用契約を結びたいの?
           ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
                  ̄>  \)(/  く           
                 / / ̄ ̄ ̄\ \
                'ー‐        ー‐'

                                 _____
                                /:::::::::::::::::::::::::::.\
                               |.::/⌒Y⌒ヽ:::::::::::.|
.                            | ⌒  ⌒  i:::::::|   私は立身したいのです
.                            |(●) (● ) 〈::::::|
                          (⌒(__人__)⌒:::: @)  そのため御当家に奉公を望みます
                               |  |r┬-|     |
                               \ `ー'´    /':、
                                      ,r.ーー..‐-"-./ ',-、,,,_
                                   _// | | ',--=/  .',  .`',:=‐‐ー-:、
                       .__,,,.-‐'/ ,:',  .i___:::', ,:,:'_  /  /     .i
                        ,.:' /  ,...!'..' .ヽ,_l゙ .!,'__!./ `">   .i        |
                       ,:' /.  ,' r'r‐:、 |''i,__r:|:/  /    l        ',
                       r'  .,'  l `/、 Y.| ,-l,.|'  /     |        l
                     /   i   i. ,', i-:' ,:'ー';::./  ,'     l        i
                    ,:'   l   .| i .i | .// .,'  ,'        ヽ      __|
     .,-、          ノ    .|   | | `i/"   ,'  /        |     ./ .)',
     .!,__`'''‐:、__  _,..:'"      .|   | .|  |o   i. ,'    ___,,,,,,r''=‐---、,,!_ ,:',,_.',
     ,.:-'-、  `i,"   ヽ     |   | l  .|    .|. ,'    (-i:':、,_`ー'-::、 、 ./,  ',
   ../ ,  `‐ .li`i   ヽ    ,|   | |   .|o   |.,'     `゙、'_ `゙-、_ 、`' ` ノ,.l   i
  / /、 _,,,_、 ._,l | |        /|.   ',|  .|    .|i         ヽ':、_  `‐  ノノノ   l
 ..(__,:'i゙ )'r'i',_.)-'r、)' i      _,r'  |    |  .|o   |         ヽ、ニニ,,,-='ニ/--―‐
    .`‐゙ .`-:'、_,,r"r''゙  ___,,r:'    !     .'   .'

471 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:38:53 ID:Qml8QQWg [5/9]
     ____
   /      \
  /   ~~ ~ \   わしゃ若い頃は何度か功名があったが
/    (◎)―(◎) \  
|     (((__人__)))   |  もうこの年じゃ、今は他に望みはないわい
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |    ただ御当家において、安心して一生を送りたいだけじゃよ
.\ “  /__|  |
  |\ /___ /|
  |          ノ
  ヽ   y    /
   \ /     /
    /   /
   (___)_)


                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ 
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ        やる夫は若いから、なんにでも役に立つお!
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |      だから、ここで働かせてくれお!!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /
  ./     入   .}‐〈   } __\              /       
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ

472 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:40:17 ID:Qml8QQWg [6/9]

これを聞いた清正、この三人の前で語りかける

                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く
                     / /                 ヘ ヽ
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__           まず、いく夫さん
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ     >、      立身の心がけ故に奉公を望むのは武士の本意 かくあるべきだよね
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/"   i\       \
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ     \__   ヽ   契約しよう
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \        =二ァ
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `ー-`、_三――"   ’
          /  ̄          /   |  /   ヽ、            ̄     /
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、                 |
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `              丿
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j                /
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人                /



     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
    |::::::::ゝ \  / |
   |::::::( ( >) (<)|  ありがとうございます!
   (@  ::::⌒(__人__)⌒)
    |     |r┬-|  |
    \      `ー'´/
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ
     |  \/゙(__)\,|  i

473 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:41:31 ID:Qml8QQWg [7/9]
      ', ';:.:.:.:.:.\                         /.:.:.:.:.:;' ,'
      ', ';:.:.:.:. /                        \ .:.:.:.:;' ,'
,   ´ ̄∨.:.:/                        \:.:.∨ ̄`   、
     / .:                            :. \
   . ; '  /                            ':   丶: .    次に、やる蔵さん
 . : /   ;     , .::;;;;::. 、              , .::;;;;::. 、     ;   ヽ: .
.:.:.:/   i:   イ .;'⌒しハ             イ .;'⌒しハ   .:i    ':.:.:.  年を取ったからもはや役に立たないだなんて、随分と屈折してるけど
:.:/    :|:.   人:ヽ...ノ.:ノ                人:ヽ...ノ.:ノ   .:|:     ':.:
/    :.|:.     `''ー ´              `''ー ´    :|.:     '   何度か戦功を積んだ後、ここを終の棲家とするなら、若い人達への手本にもなるね
     .:.:.|;:                                 .:;|.:.:.
    .:.:.:.ll:.                                  .:ll.:.:.:.       契約しよう
   .:.:.:.:八: .                               . :八:.:.:.:.
   .:.:.:./.:.:..\: .         'ー‐'^'ー‐'          . :/.:.:.ヽ:.:.:.:.
  .:.:.:/.:.:.:.:.:.:. \ : : . .                      . . : : / .:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.




            __、
     ,r´⌒ヽ,⌒ヽ,ヽ
   (⌒)、   .人  λ\、 .-◎ー◎
    \. \    、 ヽ./ ー  ー\
     |\ \    ヽ./ (3)  (3)
     |  \  \ /  ( ( (__人__)))\  感謝しますぞ!
     |.   \   |       ` ⌒´   |
  .   |.   |.\_ノ\            /
  .   |.   |   |   \______/
  .   |   )  .|
  .   |   |  .|
     |   |.|  .|
  .   |  | .| .|
     /  / / ヽ,
    (__ノ  ヽ、__つ

474 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:42:44 ID:Qml8QQWg [8/9]
              ,へ、
           /: : ヽ\
             /: ; -‐ヘ \,、
          厶'´   λ  `ー
        γ__二二ミ 、j         、
      / / /    `ヽヽ    イハ  ヽ
        { { /       ハ }    弋リ   ' 最後に、やる夫君
       ヽУ     l ノ/        l
       У      ヒ"           l  自分から、若いから役に立つだなんて、人も居ないかのような振舞だね
      /、 r、 γl /        ーァ/
, --‐一 'ー'  ー'ノ ` /          /  そんな事を聞けば、当家の若い人たちは怒ると思うよ
  , -‐‐'´γ'´ ̄   λ      _  ィ
`く____入__/ /       |  ハ
           /         ハ   ハ
              ,        ,   ヽ、
.            |     i    ト、__入__)    ___
              |   |  |   |     , <       > 、
              λ   |  |   λ    /             \
             / .i   |  |  / ヽ /                    \
         /  |   |  |  /    ヽ、                     ヽ



                              -‐ニ ┤
                       _  -‐ ´ /   }
                 __ /´        `ヽ、  j
             _ -‐二 ─ァ         (:.r:.) ヽノ         僕が家臣たちに年をとっても高禄を与えるのは
            く  ̄   /   (:.r:.)          ヽ\
                  \  / /         、_,    } ヽ      後進を奨励するためなのに、老人は役に立たない
                   ヽ/   {       ー´       ノ  ヽ
               /   ハ               イ     ヽ     若いから役に立つと言うのは、老人をバカにしているものだよ
               ,′   | ゝ           / l     ヽ_┐
          _    l    ├─`ー ┬-    l´   l     ヽ //  君の言葉はすごく間違ってるよ?契約は出来かねるね
         \ヽミヽ/     !     l        !    l     /ヘ
   /⌒     ヽ\〃ミヽ、 j     ,'      l\  ∧_ // ゚ \
  /  (       `ノ    \、    l       \/レ-< 、 ゚、_ _ )
 /   \     /o      ノヽ\  ハ  i     ヾ、:..ヽ \゚`ヽ、  \
 {    r‐` ̄ / o  o / `ー┘ { {  |       `"ヽ `ヽ、_)`ー--'
 、    ゝ-/   /  /         ! 丶 {          ヽ
  \    'ー─/__ /       / l  ∨    /       }
    \     ´      _ -‐ ´    l  {   ∧       ノ
     ` ー─--  -─ ´       ((l,  H   ト、ゝ─ ´ /
                        〉 ハ / (r  , '´
                       ゝノ/ ノ

475 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 11:43:35 ID:Qml8QQWg [9/9]

若者、若さを前面に押し出したら面接失敗したでござる、の巻

        _|⌒|_      _      _
        |_  _|     _| |_  _| |_
         _| |__i-i_    |_ _|  |_ _|
         /       \  /。 o \  /。 o \
:::::::   ::::/ ⊂l l7 /\ |  \_/ /  \_/ / あ:::::::      :::::     :::::
::::::::::::  ::::\__/ / /      ̄       ̄     あ          :::::::::
:::::::::::::::                ::::::::        ::::::::   あ        ::::::::
:::::::::::::::::::::::           ____       :::::::      ぁ     ::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /ノ   ヽ、_\     r ⌒j       ぁ ::::::  ::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/( ○)}liil{(○)\   /   /   _    ぁ    ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /    (__人__)   \/   /  /  )::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::     |      |i|||||||i|     /  /  /  /          ::::::::
::::::::::::::::::       \      |ェェェェ|     /   '` ´  /         ::::::::::::::::::
::::::::::::::::::       /    (⌒'ー―- イ′     ´廴 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /       > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)::::::::::::::::::::::::::::
         /  斗ュ      -、      }        (  ̄¨´
       ::::〈Um)´  ヾ        ヽ._       __  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::~´     〉         `   --‐'´ `゙' 、_.):::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::       j   r-- 、     /           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        〈  /   ヽ、   / ::::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::::::
              ::ヽ 〈     j  /     :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::廴ノ     L 」::      :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::       :::::::::::::::::     :::::::        ::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::         :::::::::::::::::::::::     ::::::::::::       ::::::::::::::::::::::::::::::



以上です
                
元ネタ↓
838 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 00:46:37 ID:rEqSiNFW
ある時加藤清正の下に奉公を望む、壮年、老人、若者の三人があった。
そこで清正は其々に、その志を述べさせた。面接ですね。

壮年は言う
『私は立身したいのです。そのため御当家に奉公を望みます。』

老人は言う
『私は年若く盛んな頃は、数度の功名もありましたが、今は年老いて他に望みはありません。
ただ御当家において、安心して一生を送りたいのです。』

最後に若者が言う
『私は若く、どんな事にでも役に立てる自信があります。それで御当家への奉公を望むのです。』

これを聞いた清正、この三人の前で語りかける。

「先ず最初の者、
立身の心がけ故に奉公を望むのは武士の本意。かくあるべき事である。
よってこれを召抱える。

次の者、
年を取ったからもはや役に立たぬとは、随分と屈折したものだが、
数度の戦功を積んだ後、我が家を死処と心得るのであれば、若き者達への手本ともなろう。
よってこれを召抱える。

さて、最後の者、
自分から、若いから役に立つなどとは、人も居ないかのような振舞である。
そのような言葉を聞けば、我が家の若者達は必ず憤るであろう。
わしが家臣に、年老いても高禄を与えるのは、後進を奨励するためであるのに、
老人は役に立たぬ、若き身だから役に立つ、と言うのは、これまた老人を侮り
辱めているものである。その方の言葉は大いに誤っているぞ?
よくよく了見をするように。」

と、最後の者は、ついに召抱えなかったそうである。


若者、若さを前面に押し出したら面接失敗したでござる、の巻。

476 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 13:12:18 ID:0cA9EDR6

こんなに俺と面接官で意識の差があるとは思わなかった…!
これじゃ、俺…就活したくなくなっちまうよ…



477 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/04/05(土) 13:15:24 ID:mg910vYg


でもこうやって若い家臣を残してやらないから息子が改易食らったんじゃないの



関連記事

| 07:30 |コメント(8)
カテゴリータグ:歴史・民話・事件・逸話系 歴史・民話・事件・逸話系(2014) やる夫短編作品 2014

|

<< 「私さん」との待ち合わせ | HOME | 1レスネタ 事故ニュースでよく聞く隠語 >>

■御感想or寝言

42690 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/06(日) 19:35:23 ID:-

????「新しい時代を作るのは老人ではない!!」


42710 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/07(月) 00:42:36 ID:-

若者はどう言えば良かったんだよ…


42716 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/07(月) 05:59:22 ID:-

>>43286
若いだけなら既にいる家臣の息子などのほうが若い
この若者はいわゆる中途だからアピールにならない若さだけより
壮年や老年のように率直や欲望か意気込みを示すべきだった


42909 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/16(水) 13:26:57 ID:-

まあ現代の面接でも、あんまり大言壮語する奴は落とされるしなー


42915 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/16(水) 15:08:41 ID:-

このクズの下で働かないで済んだ、と思えてしょうがない
このAAチョイスだと


42916 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/16(水) 15:23:23 ID:-

今の学生ってこんな感じのばっかだよね
若さは武器かも知れないけどそれだけじゃ何の役にも立たないのに


42971 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/04/17(木) 12:21:01 ID:-

若さは武器かもしれないが、若いだけなら他にもいっぱいいるし……


50399 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2015/04/04(土) 14:29:42 ID:-

現代日本は新卒至上主義になっちゃったけどねw


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV