やる夫短編集 地獄編→
http://mukankei961.blog105.fc2.com/

やる夫我執 愛と誠編→
http://mukankei769.blog114.fc2.com/

※やる夫短編集は短編作品の保管依頼を募集しています。詳しくはやる夫短編作品 保管募集要項にて

Powered by RSSリスティング
Powered by RSSリスティング

■2014/07/14(月) 悪業の果てを見学させて頂いた話

カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2014) やる夫短編作品 2014

短編まとめ
やる夫ショートストーリーセレクション

推奨スレ
中編 短編投下所158                    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1313420444/
やらない夫短編投下所26                http://yy701.60.kg/test/read.cgi/yaranaio/1283273433/
やる夫系R18ストーリースレ その39              http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1271794106/
ヒロイン短編投下スレッド17                  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1280923208/
試作やる夫作品専用スレ in 2nd板           http://yy702.60.kg/test/read.cgi/yaruo2nd/1282825654/
やる夫短編投下所 in おーぷん             http://open.open2ch.net/test/read.cgi/yaruo/1396490018/
【共用】短編スレ                      http://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1397181772/
【歴史ネタ】短編・コピペAAスレ【古今東西】        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1269959376/
翠星夫短編スレ                          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13257/1259493753/
やる夫でコピペスレ                        http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364895481/
【初心者】やる夫自作絵投下所【歓迎】          http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12766/1276815988/
【安価で】安価短編スレ【やるお!】           http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14504/1298996698/
やる夫達で語るF1あれこれ                http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1387716427/
プロ野球12球団紹介スレ                    http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1386048883/
やる夫で学ぶご当地知識&方言                http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1328104512/

245 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:31:03 ID:bg1YkZd20 (PC)

何事も始まりがあれば終わりのあるもの。


 ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::  ::::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
 ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
:::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
:::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::。 :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::  :::
 ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::
  ::  ::  ::  ::  :: 。::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::  ::
    ::   ::   ::   ::_  ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::
   _ ::   ::   ::/   `\ ::   ::   ::   ::   ::   ::   ::   :: 。 ::   ::   ::   ::
     `ヽ  :  : /         :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
      ::  ー-、  :       l :  :  :  :   :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
     ::::..    :) :  :     /  :  :  :  :   :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :
      ::::::::.... (     ー一  :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :
      ::::::::   Y⌒ヽ :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :
   ::      .:.:ノ   '⌒ ┐
   ::::::           .::ノ                                    r‐- 、
   ::::::::::::::         く                                 ノ   y '⌒)
                 Y⌒ ー- .._                   _,. -r'⌒   ::..     ( _
           ..::::::          r'⌒              __ ノ:.:.     :::::::::....     `y^ー-.、_
         ......:::::::::::::            ノ                   ̄ へ    ::::::::       ノ  ..:::ノ⌒


人も必ず死ぬ定めにあり、例外ではない。

246 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:31:25 ID:bg1YkZd20 (PC)

しかし人の生き方が様々なのと同じように死に方も千差万別である。


    r、                           r、
    i/i! _ _  ___,. - 、_              |fj
    |||| i' .: .` {/   .:      ̄ ̄ ̄`ー――― :::'⌒||||
    ||i'└-―-!   .::r、:..             .::: . `||
    ||!::::::::::::::└-―''´::::::::::ー--------―――--'――||
    |rrニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニF|
    |.FニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニF|
    ||rj                              (rj|
    .(rcj                          ri!j



だいたいの方は良い死に方をできているのだが、

247 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:32:05 ID:bg1YkZd20 [1/8] (PC)

ときおり悪い死に方をする人間もいるそうだ。

                           ,,、、、、、、、、
                         ,. '゙゙´  ヽミミミヽ
                        .:;;'´      ヾミミミミヾ
                      . :;;;;:;、 ``''     ',、  ''ミ;、
                      ,:;;;;;:;:;:;ヘ、,,, ;,'´      '`ミミ!
                     .:;;;;;;´r'゙゙゙ヾ;;;ソ .;、、,,ィィィ、 ;;, jiil!
                    ,';;;;;;;,' ´ ̄`   ィ彳-ッ、   jiiii!
                    ,';;;;;;;;{  く;;,,,,..、  `゙゙ヽ  イkjjj!
                   ノ;;;;;;;'′ ,,;;;'´ j゙゙`    ‘ .:jィイ
                   {;;;;;;;′ ,イ,==、、     ; .ji! jツ′
                  ;:;;;:;;;;;;:;:;:;:{,、、、,, .:;j     ノノ )
                  ゞ;:;:;;;:;: '´゙゙  ̄`ヽ' ;;'  ,ヘ_ソ
        , . _‐-‐----イ;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;ゝ  ji!  .:;;: ;:;;:;ミミヾ
       , .:゙´  -‐===;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:.:.:.:.:;;;:;ゞ ''´ イ ``ヽヾ;;;;;..、
     , .゙´ ,:;'′    . : ;:;:;;;;;!.: ;;;;;;;;;;;: ;: ;;:!  .:;;;;;;;;:;:};;.、  ヾ;;,、
   , ゙´   ,:;'′      . :.:;! .: .:. :. :;;; ::;ji!  ! ;:;;'゙゙  `ヾ、  `ヽ、
 , ゙´   ,:;;;;'′        .j!  . :. :. :;:; jii!   :;:;      ¨ヾ、  \
. ,:;:;;'´    .:;;;;;;′        ..ji!    . .:jikkii  .:;;;′‘;;.:     `ヽ ヽ\
.::;;;:;:;'´     ;: ;:;;;;′   . :.    jiiii!   jik,,j,j,,jij. :. :. :; :; :jik  ;:;;   ヽヾヾ
   . :;:;:;:;:;{     ;;........:; ′ji{   ji;k;.;j:i;ij:;. ; :; ;;;..。、、       ;.′‘ ;:;;jik

これは悪業を積み重ねた挙句の横死などが当てはまるそうなのであるが、
今日そういう死に方をした人間のその後を見せていただく機会があったのでこの場をお借りして書き残したい。

「人間、死ねば終わり」としばしば言うけれども、実はそんなことはなく、死んだ後の続きがあるのだ。

248 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:32:33 ID:bg1YkZd20 [2/8] (PC)

私が見せていただいた場合のことであるが、悪い死にかたをした者は、その場で魂を
あの世の監理官と思しき人物たちに専用の道具でつまみあげられる。焼き肉で使うトングのような
形状のものだ。


    、--、______
   zー 、r――――ュ `i
   'z__,r―――――.'

249 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:32:59 ID:bg1YkZd20 [3/8] (PC)

死ねば仏と言うが、これがまったく丁重に扱われたりはしない。
生ごみでも扱うかのような粗末な扱われ方をする。


                ji;;', ,ゝ‐''´  .:;' ,ハ;.}
                ',', ;;; ==- 、 ;  jリ
                 ',;', ヾ;;;;;;;;;;;;j .j i'´
                 ;;;;, `ご゙´ j ハ
                  ;:;;;;;、、,,,.....,.イ  ト、;:;:、
             ,..ィ´::::::ヽ\;:;:、 ...::/   / ヽヾ\、、
          ,.: .:.:.:::::::゙、.::::::::.ヽ\ V   /    ``ヾヽ、
      ,,.:.:゙゙´  `゙゙ ゙"" `;、        /    `ヽ、  ミミヽ
     /;;;:;         `;、 /´''''' `ヾ /       `ヽ、ミミミヾ
     /;:;;            .: ;    ii ;,. ´  ̄ ニニニニュ  ;:;`ヾ、
    ,,j;:;:,、    jリ        .:;    li ..              ;:;ヾ、、
   /;:;:;:;:、  j ;;; ,ソ       : ;     i ;: ;    ; :; :;′    ; :;: ;;:;/〉ヽ
  /.:;:;:;:;、  ,′;::;;:レ′   . :  ;    j.。     ; :; :;′ .: ;: ; :; ;;;;;//   ヽ
 /.:;:;:;;、   j . :;::;レ′   .: ;  ; ;   j  j!   ; :; ;  ji!   ; :; :;/:;//、、、

250 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:33:45 ID:bg1YkZd20 [4/8] (PC)

なんでもこの手の仕事は監理官にとっても嫌なものだそうである。

  , ⌒ハ           ハ⌒ 、
  j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
 ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
 ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
  Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
    リ::::::( ( ─) (─::(
.    ハ::::ハ  ,,    リ) )
     ) ) )、    ̄ノくハ(
    (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
    ノ/)`  |\ /|-、(( 、
     ,'   ノ  ̄ヽ「  ヽ .}
     l: ( ......  o .....ヽ }
     l  ヾ. .:::::: o ::::.ノ .)
     ゞ_ \   o  / /

251 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:34:30 ID:bg1YkZd20 [5/8] (PC)

魂は寸分違わず死んだ時の形をとるものらしい。私が見た者は遺体となんらの
代わりもなかった。
よほどむごい死にかたをしたらしく、両腕を失くした上で血まみれになっていた。

                      :.   ,,='‐;;;;''-、::
                         l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ::
                       ,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/:::
             ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;::
              ;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l:::
               ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;
               ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ̄
              r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::
            ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i:::
           / ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i:::
          /;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|:::
        ./;;;;;;;;;;;;/::  .|;;;;;;;;;;|:::

なくなった両腕は無理やりちぎられたのか、切断面が毛羽立っていて、
服と肉の間から白い骨が見えていた。その直視しがたい悲惨な有り様は
たとえ自業自得だったのだとしてもむごいと言うより他になかった。

252 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:35:01 ID:bg1YkZd20 [6/8] (PC)

そのトングもどきでつまみあげられた彼は、いつの間にかそばに開いていた
深く細い穴に投げ込まれた。


. _, イ !  .′| "/ ゙'‐   .`'''''''''ー ,,圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 . / ゙'‐   .`
´ ., | .!´|  ...ム.ト‐゛         `'''''ー !,_圭圭圭圭圭圭圭圭圭......ム.ト‐゛
ー,,! ゙l  .l /       .,ノ''‐   .、    ,,彳圭圭圭圭圭圭圭圭. /       .,ノ''
. |., |  /ッ........yッr=`-“′ .-'"..`  _,.. i‐'./ .l|圭圭圭圭圭圭圭../ッ........yッr=`-“′
.,,"| ′,!,ノ'''"゛ . l             `'ー|.._" l .`i圭圭圭圭圭圭. ,!,ノ'''"゛ . l
.| .,/゙゙゙゙\,    !._,,,..、               ̄"''―-- ,、.....,/゙゙゙゙\,    !._,,,..、
..´     レ. /    \ _.. - ..,、                ,ア´     レ. /    \
.       ゙i          _                 : ..、(,.l.     ゙i
...      l !     _..‐"  .--―ー、、  .__,,,,,.     `゙l、    .l !     _..‐"
.         た.l             `゙´   -、      `ー-..,,,....た.l

形容しがたいのだが、垂直方向に掘られたトンネル、と思ってもらえれば近い。

253 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:35:22 ID:bg1YkZd20 [7/8] (PC)

入り口近くが血の跡で汚れていて、なんとも生々しくもおどろおどろしく
感じたのを覚えている。


                             __   __
                ,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
             _廴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
          ( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
          ..`ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
             ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
             {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
              ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄

254 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:35:51 ID:bg1YkZd20 [8/8] (PC)

その後、あろうことか、見学中の自分も同じように放り込まれた。冗談だろうと思った
次の瞬間には落ちている最中だったから、このあたりは容赦がない。


             \ \\
              ヽ\        \ヽ
                 ヽ\ヽ   ,. rー―- 、丶\  、
           _    \ `/ i'‐、__ノ \\ヽ
          /  `v――'〈   `^ー'    〉  〉\
           /     ヽ          / /  、ヽ
         /   /i          、___/  \ \
      ,,-‐<    / /     ノ-‐ ' ´
     (, __ _ノ /    /
             /    /
              /    /
             /    Y
         /     ソ
        (__ __/  :::::::::::::::::::::::::::
            :::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::
         :::::::::

255 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:36:10 ID:bg1YkZd20 (PC)

これがどこまでも自由落下する恐ろしい代物であった。


|l!1!|!l              |!l|!l!
|l!1!|!l              |!l|!l!
|l!1!|!l                  !|!l|!l!
|l!1!|!l                  !|!l|!l!
|l!1!|!l                  !|!l|!l!
|l!1!|!l              1!|!l|!l!
|l!1!|!l            !1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l           | |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l             i| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |          l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!           .l| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!         || |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!,         .|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!i     i    i.|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!l     l    l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.i    l|.i  .l:|| |l!1!|!l|!l!
|l!1!|!l |!|.|    l|l|   il:|| |l!1!|!l|!l!


一体だれが用意したのか、どこまでもどこまでも深く落ちて行った。
今にして思えば、あれが地獄行きの方法なのかもしれない。

ハグとも! 隣の優しいギャル娘は初めての・・・

アクセスカウンター
着物着物宝石買取カラコンブランド買取【ブランドファン】



256 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:36:31 ID:bg1YkZd20 (PC)

落ちて落ちて、ようやく抜けたその先は、

   \    .`'、、 \    ヽ  ヽ .ヽ   l   ! .! │ │ !  . l   ./    ./   ./   ./   .,/  ,/゛
`'-、   \    \. .\    .ヽ  ヽ .ヽ   !  ││ |  ! .!  l   /    /  ./  /   . /  .,/゛  ,
   `'-、.  `'-、  `'-、 \   .ヽ ヽ .l   !  .l |  !  .! l  l   ./   /   /   /   .../  ,/゛  .,..‐″
`'‐、、  `''-、  \   \ \   .\ .ヽ .ヽ  .l  .! .| .!  l ,!  /  ./   ./  ./  /   . / ,/゛ .,..r'"  ,..
...,,  `''-..、 `''-、 ゙'-、  `'、. \   ヽ, .ヽ ヽ  l  ! .l ,! ,! .l  /  /   /  / /  ./ . /  _..‐'゛ ._..-'″
  `''ー、,、 ゙''-、、 .`'-、. `'-、 .\ \  ヽ. ヽ.ヽ .l.  !│ ! l ! /  ./  ./ ./ ,./  ,/. / . ,..r'" .,..-'″  _.. ‐
- ..,_   `'''-、、`'‐、、 `'-,,. \ .`'、,\.  \.ヽヽ . l .l .! .! ! l /  /  / /./ / / ,..r'" ._..-'″ . _.. -'"゛
   .`'''ー ,,_  `''-..,,`''-、. `'-、 \ `-,\ .ヽ.ヽ.l. l l│| .l゙.l / ./ . ,i"./ / ,//゙.,..r'"._..-'" ._..-‐″     .
~ ,,,_   .`''ー ,,. `''ー、,゙'-、,.`'-..\,`-ヽ, ヽヽ!、.l .!.| | l゙,! / ./ .,i'ン./,,-シ'゙,..r'"_..-'"._,, -'"゛    ._,,.. -''''"゛
    .`゙'''ー ..,,、 `'''ー ..,, `''-ミ;; 、"-ミヾ' \ ヽヽ l. ` ! .,! l /..,iシ//‐,゙ ‐' / ,゙..-'"゛   _,, ー'''"   ._,,,.. -
‘''''―- ..,,,,_,   `゙"'ー-..,,,_`゙''ー ..,`'''ニ;;,.`'-,,.`     .l .|  ".゙,ノ / .゙_..-彡彡-'"゛ ._,, -''''"゛_,,,.. -ー''"´
        `゙゙"''―- ....,,,_ `゙゙'''ー 二ー 二 `'-.     ゛    .'゛ ./ ゙‐'´ ._,,, ー'',゙,゙.. -ー''''"´.__,,,.... -―''''''゙゙ ̄゛
"'''''¬――-.... ........,,,,,,___、`゙゙"''―- 二¬ニ、.            ‐''"゙ー''二ニ--ー';;;;二,゙,,,,............---一ー''''''''''
___________゙二ニニニニ‐                   '''ニ二二二二___________
_____,,,,,,,,,,,.............. ----――¬''''''';;二.                  ,,_  .-..........,,,,__
         _,,,,.... --ー;;二ニ ̄._,,, ‐                    '''ー二,゙''― ..,,,_  ゙゙゙゙̄"''''''―ー-..........,,,,__
..... --ー¬''^゙゙´_.. -‐'''"゙_,,.. -;;ニニ''''_、.,..-'.,,.         、  、  . \ -、,`''ー ミ¬- ..,,, `゙゙'''― ..,,,_
  _,,,.. -‐'''"´ _,,, ー''二-‐''" _..-'彡;;'".,/ン.,ノ./   ,  .!  .ヽ . ' |-.\,`'-、、 `''ー、,,.`゙''ー ,,,、  . ´゙"''― ..,,_,
`   ._,,, ー'''"_,, ‐''"゛ ,.. ‐'゙,゙ ‐彡''ン'゛./,ノ゙,ノ/   /   | . .ヽ.┐゙'、\ \ .`''-、.  ..`''ー 、、 .`゙''ー ,,,、
-‐''"゛._.. -''''"   _.. ‐'"_..-'',゙/゙ / . / ./ ./ ノ / / 、.| l .l  ヽヽ \.\ ゙''-、 `''-、.   `''ー .._   `゙'''ー
. -'''"    ._..-'"´._..-'",..-'´ /  ./ ./ / ./  /  l゙ .l |  ! .l  .ヽ ヽ .\ `-、 \   `''-、,    `゙'ー .._
   . _..-'"´ ,..-'" ,..-'´ .,/  / / ./ /   / │ .! |  .!  l  .ヽ ヽ.  \ \  \    ゙''-..、     `゙''-
.. -'"  ._..-'" ,/´ . /   ./ / . /  /   /  ! .l  !  !  .l   ヽ .ヽ.  ..\ `-、 `'-、   `''-、,
  _..-'" ._/´ . /    ,/  /  ./  ,/  ./  /  !  !  .!  .l,   .ヽ \  .\  \.  `'-、    `'-、、
'"゛ . ,..-'´  . /    /  ,./   /   /   ./   !  .! │  l  .l   .ヽ  ヽ   .\  `'-、  ゙'-、     `''-
._/´   /     ,/  ./  ./   ./    ./   l゙  .|  .,!   .!  .l    .ヽ  \   \  . \    \
   . /     /  /  . /   /    /   /  ,!  !   !   l    ヽ  ヽ    `-.  .\.   `'-、

257 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:36:54 ID:bg1YkZd20 (PC)

不思議な灰色の液体が満ちた小部屋であった。

\_____________________________________
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |
  |

258 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:37:12 ID:bg1YkZd20 (PC)

液体なのにずぽっと埋まる感じで、着水のときの衝撃はなかった。固まる前のコンクリートが近いと思う。


                   ___
                  /     \
            /ノ   \   \
           / (○)}liil{(○)   \
           |   (__人__) _     |           
          \ ヽ |!!il|!|!l|      /、-
                   |ェェェェ|
           │  ・        ・  │
         │             │
          │             │
          │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

259 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:37:35 ID:bg1YkZd20 [1/3] (PC)

幸いにして深さはさほどでもなかった。へそより少し上くらいまでつかる程度である。

上下を逆にしたスケキヨ丼みたいな有り様になる、と言えば伝わるだろうか。

             ___
           /     \
            ,.-―      \
            ●)        ヽ
            (__)'          |
          ヽ         /
             )       イ
             '     /⌒ヽヽ
           |     l      }
             l      |   :| |
              |      l   / |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              !     〈  ¨}  i
             l        `=ア  ,'
           |            /
           圦  /      ,'
           ヾ:  i       {
            \ i     ',
               ≠),,,,,   ノ

気をつけの姿勢で灰色の液体から上半身だけ出して、その場に立つ感じだ。

260 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:37:54 ID:bg1YkZd20 [2/3] (PC)

小さな明かりだけがわずかに灯る、暗くじめじめした穢れた場所であった。

そこには先に落とされた腕なしの彼も浸かっていたが、

                      :.   ,,='‐;;;;''-、::
                         l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ::
                       ,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/:::
             ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;::
              ;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l:::
               ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;
               ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ̄
              r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::
            ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i:::
           / ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i:::
          /;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|:::
        ./;;;;;;;;;;;;/::  .|;;;;;;;;;;|:::

261 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:38:25 ID:bg1YkZd20 [3/3] (PC)

それだけでなく、ほかに何人もの男女が同じように浸かったまま立っていた。
十数名くらいいたかと思う。


     ''''''''';;;;;;;;,,,,     ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''
          ''';;,     / ̄ ̄ ̄\    ''';
    ,,,;,,,           /       ::\
;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,   /          :::\             ,,,,;;;;''''''
';;;''             |            :::::::|   '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,,
;'          ,,,,;;;,;'''\         ::::::/    ,,,;;;''''  '';;,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;''
'        ,,,;;;''''''    / ::... ゝ::::::::/::..:: \   '';;'       ';,    '''';;;;;''
     ,,;;;;'''  _,. -一'´ ..:::ー-::ゝ::/::-一::.. `:;ー-;:,.、       ;,     '';
,,,,,;;;;;;;''''''''  /   .......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::........   \
''      /  ......::::::::ー――-:::::::::::::::-―一:::::::::::....  ヽ ';,       ,;
        {   .:::: .:/ .:::::::::::::.. . :}: . .:::::::::::::.  Y:. ::::::  }  ''''';;;; ,,,;;;''';;'
       j: . ::::: .:{::. :::::::::::::::: . :|: . :::::::::::::::   }:: ::::: イ    '''';;;;;    ,,
;;''''''';;;,,,,,;'  |   :::::: ::ゝ. ::::::::::::::  . ;: .  :::::::::::::   ,イ:: ::::  }   ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''
         ト、: .:::: ;:イヽ :::::::::::  .:ハ   ::::::::::   ,人; ::::  j  ,;''   ;'  ''';;;;,

死んでいるのだから無理もないが、いずれも生気のない有り様で、身じろぎもせず
ただ立っていた。

新しく落ちてきた私に目もくれなかった。

262 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:38:47 ID:bg1YkZd20(PC)

悪い死に方をしてこのような場所に来るくらいであるから、ヤクザっぽい中年男ばかりが
いるのだろうと思うかもしれない。

       ____
     /     \
    /        \
  /            \
  |               |
  \    ィニニニュ   /
  ,--ゝヘヽ、___ ーーノ゙-、.
 /  /|'; ゝ_____ ノ. |ヽ  i
 l  |. |. ヽ/゙(__)\/| i.  |
 |   |. |  ヽ. ハ..ノ | | |

だが、そんな人間は一人だけで

263 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:39:15 ID:bg1YkZd20 [1/3] (PC)

後は、町を歩けば普通に見かけそうな年格好の、男女ばかりが浸かっていた。

                                                        ___
                                                    ,. -'"´     `¨ー 、     _,,___
                                                  /          ヾ  ヽ、-'"´       `ヽ、
            _,,_____                               /                            \
        ,. -'"´       `ヽ、_                          /                 、i          __, _\
     ―'"´                `ヽ、                      ,'                   ヽ, __,          ヽ、
     `ゝ     /"" `"ヽ         ヽ、                    i                    }              ヽ、
    /    /       \   ヽ     ヽ                    |                  -'ヽ,_,,.           i  ', .....
   /〃    /          \ ヽ|      ',       _,,___       i                   ´  }               i
  / /    /            `ミ|  |    }    ,. -'"´      `¨ー 、   :                    ./               }
  / /    ノ               | /     } /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、 i                    ,!                }
 / ,'    /               | /     ,.-'"                 ヽ、.                  ! イ               }
 { { i  /                レ    /                         ヽ、                {               丿
 | | i  |                 }   ノ i                         ヽ                 !             /
 レ|  {  |                 }  イ  /                             ヽ!              }           /
  | /レイ                 //J /                            iヽ、          i  ,'-__ _一 '' "´\
  ∨  {                /´/i /                            .l  ヽ、         |. /            ヽ、
      ',                 /从,'                            /    ヽ..,,____,,..ノノ
       ヽ、              イ   i                            /            {
         ヽ、         /' |   ',                          /             \
           ヽ..,,__.. , ../   !    ヽ、         __,,.. --------------i-'"
              !        t     ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ
             /|         ヽ、_     `¨i三彡--''"´              ヽ
                          `¨   /                      ヽ
                              /                     ヽ

ただし、

264 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:39:41 ID:bg1YkZd20 [2/3] (PC)

悪業を積み重ねた挙句の死を迎えるだけのことはあり、いずれも凶相をしていた。


                   ―――――――― 、
             /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\
           /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\
          /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \
           ./:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ
        /::.:.:.:.: : : : : : :                   :.
         |.:.: :   ≧ニ=ミ ノ               |
         |:. :  / __  `V,                 |
         |:   /´  ( 0 )  Ⅵ :i|i:i|i: 廴≦幺=ニ二¨   .|
         |   i{         川 li|il 从 ( 0 )    }i   |
         |    ≧=― ‐=彡       ミ´¨¨`=≦'゙  :::|
          .:.              ;;l              /
            ヽ.                        /
          /\.    ,_,.ィ≦三三三三≧ュ、_,    /\
        /          `~´          `~´.: : : : :.:.:.:.:.\

40歳過ぎたら男は自分の顔に責任がある、とはアメリカ大統領のリンカーンの言だそうだが、
特に40まで待つ必要もないようだ。

265 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:41:01 ID:bg1YkZd20 [3/3] (PC)

いずれも己を省みることなく悪心のままに振る舞い続け、なるようになった挙句
ここに来る羽目になったのであろうと思う。

       {    !      _,, -ェェュ、
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::

男も女も、ある者は目がつりあがり、ある者は唇がひね曲がりといった具合で、
醜い心がそのまま出たような歪んだ顔をしていた。

266 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:41:49 ID:gk4gz.TA0 (PC)

いくら見学とはいえ、このような者たちと同列に扱われて汚らしい小部屋に漬けられたことは
なんともみじめで、また恐ろしかった。


          ; ____;
         ;/      \;
        ;/   /   \\;
      ;/   o゚((○) ((○)゚o
      ;l        (__人__)   |;
      ;\     ` ⌒´   /;
      ;/             ヽ;

267 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:42:27 ID:bg1YkZd20 [1/19] (PC)

へそまで満たす液体は一体なにが混じりこんで穢れているかわかったものではない。

しかもその場の雰囲気ときたら口も利けないほど重苦しく、まるで空気が無言の怨嗟で
塗りつぶされているかのようで、死後の安らぎなど微塵もありはしなかったのだ。

゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
  .ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│     ,!;;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;;;;;;;;;;;.!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;;;;;/, ┐  、 .i、.iii ゙' ! |;;;;;;;;;;;;;;; l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    .|;;;;;;;;;;'!゙;./  . |ハ、,_.x、   .|;;;;;;;;;;;;;;;;│  .!;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   .し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;` !   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;}    .!;;;;;;;;.!  /;ヾヘ;i、;;; l  ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、.!;;l゙  _,,!;;;;;;;;;;;| .l゙;;;;;;;;;;;;;;;.│  ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |}.!;;゙''i .!;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;; |  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    ‐r .!;;;;;.!  !;;;;;;;;;;;;;;;;!.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.! _.!、;;;;;;;;;;;;;;;;./  /;;;.ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~''"| .!;;;;;;;! .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l, リ、'│;;;;;; /  ./丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;xv、 _;ヽ.l}、ヽ;;./  ,,/;;;;;;;;;;;;;;,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/;; `゛ ./゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;;;;o ィ″
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,.
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/

268 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:42:51 ID:bg1YkZd20 [2/19] (PC)

なんとも酷い目にあったものだが、
わが身を省みれば、私もあの者たちのごとき醜面をすることがないとは言えず、
今回のことは、よく反省して改めよという神仏の思し召しであったのかもしれない。

                   __,, ,,__
                _,斗ヤ⌒     ̄⌒ ''ー-
           /      U     J
              /     ,《ミ、  ‐- ,,_  _,, -‐
          /    三{{ }}       ̄   u
           |   三三 ヾ彳      /⌒ヽ
           |   三三三=          )
           |   三三三二=   ――〈
           |   三三 ,.《ミ、           )
          i    三{{ }}  U   \___ノ

269 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:43:18 ID:bg1YkZd20 [3/19] (PC)

ところで、漬けられたあとどうなるのか、と思われる方もおられるかもしれない。

       ____
     /     \
    /        \
  /            \
  |               |
  \    ィニニニュ   /
  ,--ゝヘヽ、___ ーーノ゙-、.
 /  /|'; ゝ_____ ノ. |ヽ  i
 l  |. |. ヽ/゙(__)\/| i.  |
 |   |. |  ヽ. ハ..ノ | | |

しかし、これがなにもされないのである。地獄絵で紹介されるような鬼も別に来ない。
虚空を眺めて立っているだけなのだ。

270 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:44:05 ID:bg1YkZd20 [4/19] (PC)

しかし、住人達のすさまじい顔からは、その内におどろおどろしい感情が渦巻いていることが
容易に察せられた。おそらくは、なにがしかを呪い、怒り、あるいは恨み続けていたのではないかと
思う。

                   ―――――――― 、
             /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\
           /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\
          /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \
           ./:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ
        /::.:.:.:.: : : : : : :                   :.
         |.:.: :   ≧ニ=ミ ノ               |
         |:. :  / __  `V,                 |
         |:   /´  ( 0 )  Ⅵ :i|i:i|i: 廴≦幺=ニ二¨   .|
         |   i{         川 li|il 从 ( 0 )    }i   |
         |    ≧=― ‐=彡       ミ´¨¨`=≦'゙  :::|
          .:.              ;;l              /
            ヽ.                        /
          /\.    ,_,.ィ≦三三三三≧ュ、_,    /\
        /          `~´          `~´.: : : : :.:.:.:.:.\


       {    !      _,, -ェェュ、
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::

彼らはこの先、延々永い時間をあの穢れた小部屋の中でああし続けるのではないか。
なにぶん死んだ後であるから、この上さらに死んで終わりにできることもないのだ。

271 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:44:36 ID:bg1YkZd20 [5/19] (PC)

仏がやってくると言われる賽ノ河原と違って、救いもないのが冷たいことであるが、

            o○○○o
           o○○○○○o
         o○○○◎○○○o
        o ○○○○○○○○○o
       ○○○○○○○○○○○0
       ○○      0     ○○
       /○ / ̄ ̄ヽ r' ̄ ̄\○ヽ
       { 8{  ─rrュx  |:_xrュュ─8 }
       ヽ 8}        :|:::     :l8 /
        | |      (__ノ::)    .}./
        | |     ,、┴ 、_   ./ /
        |_人.      ̄こ ̄   人/
          |> 、____, <
         /\_____/\
     / ̄|    ────    | ̄\
  / ̄|   {フ|            |   | ̄|\
_/   /    /|            |   |  |  |
    /    / {            |   |  |  |
    |    | |            |   |  |  |
    |    | |            |   |  |  |

272 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:45:15 ID:bg1YkZd20 [6/19] (PC)

しかしあの様子ではたとえ仏に教えさとされたところで聞く耳持つとも思われず、
むしろかえって全力で噛みつくのが関の山であったろう。

         ――――――― 、
       /三三三三三三     \
     /三三三三三三       \
     X. 三三三三 /          \
  ./-_ヽ 三三三/--、               ヽ
  /:(i!)::}}ヽ三三{{l:(i!);;::}}            i
  lゝ=-'  ./    ゝ=-‐'               |
  |三 ≡ /__  ≡三三                 |
  |   ____ ,,,,、__             .
  \    ▼ ̄ ̄//)               ノ
   \ /    /       __     ゝ
  。   \`ー―´      /      \   `ヽ
  。゜   ー┬―― /        \   ヽ
         l    /           \
         |    ト、

273 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:45:53 ID:bg1YkZd20 [7/19] (PC)

つまるところ救いようがなかったのではないかと思う。


            o○○○o
           o○○○○○o
         o○○○◎○○○o
        o ○○○○○○○○○o
       ○○○○○○○○○○○0
       ○○      0     ○○    ij
       /○ / ̄ ̄ヽ r' ̄ ̄\○ヽ
       { 8{  ─rrュx  |:_xrュュ─8 }
       ヽ 8}        :|:::     :l8 /
        | |      (__ノ::)    .}./
        | |     ,、┴ 、_   ./ /
        |_人.      ̄こ ̄   人/
          |> 、____, <
         /\_____/\
     / ̄|    ────    | ̄\
  / ̄|   {フ|            |   | ̄|\
_/   /    /|            |   |  |  |
    /    / {            |   |  |  |
    |    | |            |   |  |  |
    |    | |            |   |  |  |

274 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:46:30 ID:bg1YkZd20 [8/19] (PC)

幸いにして私は死んでここに送られたわけではなく、
見学させていただいたのみであった。


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
       |::/  i:::::::l l!/\     ∨/::∧::丶
       |/  |:::::::l !‐'i   ヽ、  ノヽ/::∧ ト、::::\_,
     //    l:::::::川 |    入//::,ヘハL 「_ ̄ヽ
    // _ 厶ィ'::::/  |  ー一' _/∠_ヽヾ.    | ̄`ヽ
   /    ヽ       |  // i.| \|   i   )
   /      |       ヽ/ / イ.|      | イ
  /       |        / // }        | |
  /       i       < // |        .| |

だからその場で浸かっていたのはわずかな時間に過ぎなかったのだが、
それでも、監理官と思しき方が引っ張り上げに来て下さったときは

275 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:46:53 ID:bg1YkZd20 [9/19] (PC)

まさに『地獄に仏』の心持ちであった。


              ________
          /             \
         /               \
       ´ ̄`    ´ ̄`              \
      /                         \
     /,-‐-ヽ   /-―-、 ヽ            ヽ
     とつ 丿   ゝ   oとう'             |
     | 。/  人  ヽ   .; O                |
     |O ゝノ  ゝ _ノ    ゚。                  |
     \  `´ ̄` ´     U            /
      \                      /
.         ヽ _____  イ          く
          7                 ヽ

276 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:47:27 ID:bg1YkZd20 [10/19] (PC)

小部屋から上がると、不思議なことにあの灰色の液体は体にまとわりつくこともなく消えていた。

上がった後で、迎えて下さった管理官の穏やかな笑顔を見たとき、
私がどれだけ安心したかはおそらく誰にもわかってもらえないだろう。

                    xヘ     __
         __   /:\≠_ : : : \=く:_:ハ
        {: :爪/: : ィ /:ハ:、`: .、: : :寸i }:!__
        /j :{У: /: /: :l M : ヽ: :\ : ∨: マ
.       〈:/: / : /:l八: :从 ’: : !|: :}∧ : }: : ト、
        l: /: : :{.:i|: ハ:j ヾ ヽ: 廴ハ: | : :', : \ヽ
        | l: : 八:i|斗‐ト   ´ムミx !:|: i :‘,: :.\
        | |: ∧ ハlVてミ    Vz} 'j:ハ }ヽ:j: : : : : ≧=-
        | レ: : :ヾ: ト ゞ゚'  '   ""ムイ/   \乂: :\
        |.: : : : : :{>"" ー ´ イ{: :∧     ヽ: `ヾ \
        人: : : : :.:乂/  }≧= ´{ ∨.:∧    {: : : : :`: ミ
      (   \.:/`〈  /、   __|   マ:Y=ミ  人: : : : }:ハ
        ヽ /.:.:.:.:.:.:ヽ{__   __ノー‐┘:}//ハ    Y: : ハ : }
         rf.:l !.:.:.:.:.:.:j.:.:|マゞツ才.:.:.:.V:〈///リ   ノ: :/ ル
          λ:\ 、:_:/.:.:/ `¨´ !l.:.:.:.:.,:∨/{_  (: : :{
         /  \:二{.:.:/      ヾ.;.:.;.:ヘ:く/彡'  ヽ: :\
.        /   /   !.:.{    :.    ∨.:.:人´|      ̄
       /   /   /弋i     :.     マ.:.|i:リ !
.     (    `ヽ  ゞ=イ     :.     ヾレ  l

277 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:47:58 ID:bg1YkZd20 [11/19] (PC)

その後、例の血糊つきの入り口ではない別の道から、光に満ちた地上に戻れたのであるが、

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::     .:::::::::::::.::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::\               /
 :::::::::::::::::::::::::::::::: ..    |   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::  \      /   ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::_::::::::::    ◯      ―.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
 ::::::::::::::::::::::::::::::....  .          ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::  : /      \ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,,,,,,,,,,,,
 :::::::::::::::::::::::::. ::::  ../.....     ......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゛     .'
  ''-、::::::::.,::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ..
   .ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ::    ..
    ゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,"  ゙゛           .: .
    ,.、,,、:::::::::::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     .`        .  .
      . '、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,,"   ..
        .''''、:::::::::::::::::::::::::::::::::
              ヽ::::::::::::::::::::::::::::::         ..::     .     ...
              .,,,,゙ ::::::::::::::'"゙゙       ...::    ...::  ..    ..:
      ......         .:::::::."

278 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:48:19 ID:bg1YkZd20 [12/19] (PC)

えも言われぬ穏やかな心持ちを味わうことができ、人は間違いなく「こちら側」に
いられるようにすべきであると確信したものである。


           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ─‐   ──     \
        / ( ー )   ( ー )       `、
       /´                 ',
      i   (  人   )            ',
      !   ~''''´⌒´''''´            |
     \                      ,.'
       >                /
      /       -----‐‐‐'''"~  \

279 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:48:53 ID:bg1YkZd20 [13/19] (PC)

安らいだ微笑を浮かべるこちらの人々の暖かいありようを感じれば感じるほどに


     | ̄` .、        /~l
    |    >-‐――-<   |
      |              |
     |/    -‐     ‐-ヽ|
     l  ""  \___/  l
      |       \   /  |
     l、       \/   /
     \          /
     /   ー-- 、  'ー-- 、
     |        |      |
    /|    ー-―'゙   ┬‐''"


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l-/       ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'        '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧iゞ=r'''"       Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   `   ´   ィ::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|:   
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶    
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\.〉
         /    l:::::::川      //::,ヘハ.f^∨、 ._

280 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:49:41 ID:bg1YkZd20 [14/19] (PC)

先ほどの地の底のおぞましさと恐ろしさもまた改めて痛感できたのだ。


                   ―――――――― 、
             /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\
           /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\
          /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \
           ./:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ
        /::.:.:.:.: : : : : : :                   :.
         |.:.: :   ≧ニ=ミ ノ               |
         |:. :  / __  `V,                 |
         |:   /´  ( 0 )  Ⅵ :i|i:i|i: 廴≦幺=ニ二¨   .|
         |   i{         川 li|il 从 ( 0 )    }i   |
         |    ≧=― ‐=彡       ミ´¨¨`=≦'゙  :::|
          .:.              ;;l              /
            ヽ.                        /
          /\.    ,_,.ィ≦三三三三≧ュ、_,    /\
        /          `~´          `~´.: : : : :.:.:.:.:.\

       {    !      _,, -ェェュ、
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミミヾ
     ヾ、        /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミii
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.
彡三ミミヽ        i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠
彡'   ヾ、    _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈
彡'      ` ̄       `\   ー-=ェっ
      _  __ ノ  {ミ;ヽ、   ⌒
   ,ィ彡'   ̄        ヾミミミミト-- '
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::

「汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人に付き従う」
「悪をなしたならば、自分の業が罪を犯した人を悪いところ(地獄)にみちびく。」と
法句経が教えているが、なるほどこういうことなのだと身を以て理解出来たように思う。

282 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:51:30 ID:bg1YkZd20 [16/19] (PC)

誰それが自分を貶した。侮った。あるいは誰それが自分よりも優れたものを持つ。.
おのれ無念だ。

         /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /: : :            \
       /: : : :            \
     /: : : : : :              \
    / : : : : : : : ..               \
    |: : : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
    |: : : ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
    |: : : : :  ´"''"        "''"´       l
   . \ : : : : . .(     j     )      /
      \: : :: : >ー-‐'=ー-ー<    /
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
     : : : : : : : : :``ー- -‐'"´      \
     : : : : . : : . : : .                \

そのような怒りを抱き、時に人にぶつける浅ましい真似を、かくいう私自身これまでの人生で
何度もやってしまった。だがやはりそれは過ちだったのだ。

283 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:52:05 ID:bg1YkZd20 [17/19] (PC)

法句経が教える通りであった。


           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ─‐   ──     \
        / ( ー )   ( ー )       `、
       /´                 ',
      i   (  人   )            ',
      !   ~''''´⌒´''''´            |
     \                      ,.'
       >                /
      /       -----‐‐‐'''"~  \


人は生きて取り返しのつくうちに、自分の身について、言葉について、心について、
慎むことをおぼえるほうがよい。
きっと、それでこそ穏やかで暖かい世界にふさわしい人間となれるのだ。

284 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:52:40 ID:bg1YkZd20 [18/19] (PC)

それからほどなくして、夕暮れ時のクーラーが切れた蒸し暑い自室に私は舞い戻った。

  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |
  /  | |┐  /  / | |: : : |
/    | |┘/  /   | | : : :|
      | |/  /     |〉==:|
      | |  /       | |: : : |
    /| |/         | |: : : |
_//| |________________| |: : : |              ___
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|             /     \
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \             / ⌒   ⌒  ヽ
   ̄ ̄ ̄                \        / (●) (●)  ',
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「        l  (__人__) u  l
     ||               | |        \ ` ⌒´    /.
   []|| []            | |         /Z〈  ,ニr‐=〈  l
     ||               | |          .7 .ト、ァ'゚/  ハ八_
___LL __________|_|        ___/   L.i゚/   /  | ミゝー'"`ー‐- 、-- 、__
─ ─────── 、             / r'二>ー 、 / ̄`ヽ、| 、              ̄
、                 \        ,. -‐'ー-(_、_f´ ̄`ヽУ     ヘ、_`ー、
. \       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、 '"    ̄`ヽ
   \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ        ヽ

ただの夢というにはあまりに生々しい体験であり、また地元の神社で御指導賜れるよう
願った直後のことであったが故に、これは早速御教示頂けたものではないかと
思っている。

285 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:53:03 ID:bg1YkZd20 [19/19] (PC)

恐れ畏まったのはもちろんであるが、それとは別に、人に伝えたくてたまらなくなり、
こうして書かせていただいた次第である。



           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ─‐   ──    \
        / ( ● )   (●)         `、
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',    
      !   `゙'´  `゙'''''´            |           終
     \                      ,.'
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \

286 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/12(土) 23:53:53 ID:jwIqZVlw0 (PC)

以上です。ありがとうございました。


287 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/13(日) 00:39:54 ID:ebbCZENg0 (PC)

乙でした……なんか世にも奇妙な物語にありそうな雰囲気だった



288 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/13(日) 00:41:02 ID:fndSztPM0 (PC)

乙でした

こんな夢見たらチビる自信がある
それにしても引き込まれる文章だなあ



289 名前:どこかの名無しさん [sage] 投稿日:2014/07/13(日) 11:10:24 ID:sPS2yhm20 (PC)



怖い!




関連記事

※「やる夫が水銀燈に帝位を継承させるようです」の◆vE52d9A8/6様制作のゲームが発売されました制作記はコチラ
| 21:00 |コメント(4)
カテゴリータグ:シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系 シリアス・ホラー・サスペンス・鬱系(2014) やる夫短編作品 2014

|

<< 【R-18】s 6  -  s 10 | HOME | 橋の下の超人 >>

■御感想or寝言

46866 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/07/14(月) 03:00:39 ID:-

芥川っぽい文章だな


46868 名前:無関係な名無しさん [] 投稿日:2014/07/14(月) 08:44:42 ID:-

ダンマパタはある意味シッダールタの教えを数ある経典の中で最も忠実に残してるもんだからな



46895 名前:名無しさん@ニュース2ch [] 投稿日:2014/07/14(月) 21:34:34 ID:-

仏教って微妙に人間学・人生学っぽいとこがいい
カルト以外の宗教は大抵そうなのかもしれないが


46910 名前:てんてけ [] 投稿日:2014/07/16(水) 11:24:15 ID:59SZOI/Y

地獄に落ちる人って、極楽の明るさに耐えられない人が行くんだ、という説を聞いたことがあるんだけど、
うーむ、何種類もありそう。


Page Top

■コメントの投稿(※批評は自由だけどあんまりヒドイ事言っちゃあいかんよ。)










管理者にだけ表示を許可する

Page Top

■PV